パワーブラは『乳房のサポーター』、武骨です。乳房の揺れを防ぎ、クーパー靱帯を保護します。
2001年から研究開発し、日本で最初に
機能性スポーツブラを提案しています。
パワーブラは『乳房のサポーター』、武骨です。乳房の揺れを防ぎ、クーパー靱帯を保護します。
スポブラ・ドットコムは、2001年から研究開発し、日本で最初に機能性スポーツブラを提案しています。

スポーツブラの必要性

※ポーツマス大学の研究。
適正なスポーツブラを着けずにランニング等を
すると、クーパー靱帯を痛め、それが原因で乳房
が下垂してしまう可能性があると、英国 ポーツ
マス大学スポーツ科学者 Joanna Scurr 博士の
研究チームが発表しました。
 
※ランニング時の乳房軌道。
ランニング時の乳房は、静止している位置より
下方向には動きません。「上方向に振り上げ
られ、元の位置へ叩きつけられる」という動き
を繰り返し、乳房の形を保つクーパー靭帯を
損傷し、乳房の下垂を誘引します。
 
※平均9cmも、乳房が上下運動する。
1マイル(約1.6km)走ると、乳房は約13,500回も
上下に弾み、平均で9cmも上下する。乳房は平均
で200g~300gの重さがあり、この上下運動が
クーパー靱帯にダメージを与えてしまう。
 
※78%ものショックを吸収。
ノーブラに比べ、普通のブラを着けると、乳房
の弾みが38%減少し、スポーツブラを着けると
78%ものショックを吸収する。
この様なショックを吸収する為に、適正な機能
が有るスポーツブラが必要です。
 
※伸びたクーパー靭帯は戻らない。
一度伸びてしまったクーパー靭帯は、もう二度
と自然に戻る事はありません。手術で戻すしか
ありません。
※ポーツマス大学の研究。
適正なスポーツブラを着けずにランニング等をすると、クーパー靱帯を痛め、それが原因で乳房が下垂してしまう可能性
があると、英国 ポーツマス大学スポーツ科学者 Joanna Scurr 博士の研究チームが発表しました。
 
※ランニング時の乳房軌道。
ランニング時の乳房は、静止している位置より下方向には動きません。「上方向に振り上げられ、元の位置へ叩きつけられる」
という動きを繰り返し、乳房の形を保つクーパー靭帯を損傷し、乳房の下垂を誘引します。
 
※平均9cmも、乳房が上下運動する。
1マイル(約1.6km)走ると、乳房は約13,500回も上下に弾み、平均で9cmも上下する。乳房は平均で200g~300gの重さが
あり、この上下運動がクーパー靱帯にダメージを与えてしまう。
 
※78%ものショックを吸収。
ノーブラに比べ、普通のブラを着けると、乳房の弾みが38%減少し、スポーツブラを着けると78%ものショックを吸収する。
この様なショックを吸収する為に、適正な機能が有るスポーツブラが必要です。
 
※伸びたクーパー靭帯は戻らない。
一度伸びてしまったクーパー靭帯は、もう二度と自然に戻る事はありません。手術で戻すしかありません。