パワーブラは『乳房のサポーター』、武骨です。乳房の揺れを防ぎ、クーパー靱帯を保護します。
2001年から研究開発し、日本で最初に
機能性スポーツブラを提案しています。
パワーブラは『乳房のサポーター』、武骨です。乳房の揺れを防ぎ、クーパー靱帯を保護します。
スポブラ・ドットコムは、2001年から研究開発し、日本で最初に機能性スポーツブラを提案しています。

クーパー靭帯によって
支えられる乳房の形

クーパー靭帯によって支えられる乳房の形

※閾値を超えると伸縮力が弱る。
クーパー靭帯には、強い伸び縮みに耐える力が
備わっています。しかし、外から加わる衝撃の
大きさや頻度が、ある一定の許容範囲を超える
と、この力が急激に失われ、クーパー靭帯が
伸びきった状態になります。この許容レベル
を閾値(いきち)と言い、ある時期までは、
ずっと大丈夫であったものが、閾値を超えた
とたんに、伸びが元に戻らなくなってしまう。
 
※衝撃を受け続けると結合組織が緩む。
乳房が、揺れなどの強い衝撃を高頻度に受け
続けると、結合組織を構成する細胞や線維の
調和を保っきた集合パターンが衝撃によって
変化し、次第に緩みを生じて、乳房の下垂の
要因となっていきます。
 
※衝撃の蓄積が、年月を経て下垂になる。
乳房に大きな上下動を与えるランニングの様
な運動は、クーパー靭帯にも、結合組織にも、
ダメージを与える事になり、こうした衝撃の
蓄積が、年月を経て、下垂となって現れてく
る事は、十分に考えられます。
 
※靭帯を鍛えて強化する事は出来ません。
クーパー靭帯に、ランニングによる上下動の様な
機械的な力が加わり続ける事で、ダメージが及ば
ない様、日ごろから、出来るだけ強い衝撃を与え
ない事が大切です。
※閾値を超えると伸縮力が弱る。
クーパー靭帯には、強い伸び縮みに耐える力が備わっています。しかし、外から加わる衝撃の大きさや頻度が、ある一定の
許容範囲を超えると、この力が急激に失われ、クーパー靭帯が伸びきった状態になります。この許容レベルを閾値(いきち)
と言い、ある時期までは、ずっと大丈夫であったものが、閾値を超えたとたんに、伸びが元に戻らなくなってしまう。
 
※衝撃を受け続けると結合組織が緩む。
乳房が、揺れなどの強い衝撃を高頻度に受け続けると、結合組織を構成する細胞や線維の調和を保っきた集合パターンが
衝撃によって変化し、次第に緩みを生じて、乳房の下垂の要因となっていきます。
 
※衝撃の蓄積が、年月を経て下垂になる。
乳房に大きな上下動を与えるランニングの様な運動は、クーパー靭帯にも、結合組織にも、ダメージを与える事になり、
こうした衝撃の蓄積が、年月を経て、下垂となって現れてくる事は、十分に考えられます。
 
※靭帯を鍛えて強化する事は出来ません。
クーパー靭帯に、ランニングによる上下動の様な機械的な力が加わり続ける事で、ダメージが及ばない様、日ごろから、
出来るだけ強い衝撃を与えない事が大切です。

クーパー靭帯の構造

※クーパー靭帯(乳腺提靭帯)とは。
線維芽細胞(せんいがさいぼう)や膠原線維
(こうげんせんい)は、伸縮性に富んだメッシュ
状の細い束になって乳腺の周りを取り囲み、乳房
を上下から吊るすような形で支えています。
これを「クーパー靭帯」と言います。
 
■線維芽(せんいが)細胞
結合組織を構成する細胞の1つ。
コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸
といった真皮の成分を作り出す。
 
■膠原(こうげん)線維
線維芽細胞が生み出すコラーゲン。
 
※クーパー靭帯が、乳房を形作る。
靭帯といっても、腕や脚の靭帯のように骨と骨を
つなぐ、固くしっかりした一本の束になった組織
ではなく、これらの細胞や、小さな線維の束が
メッシュ状に絡まりあって枝分かれし、脂肪細胞
の中にも入り込みながら乳腺を支え、乳房を形
作っている。
※クーパー靭帯(乳腺提靭帯)とは。
線維芽細胞(せんいがさいぼう)や膠原線維(こうげんせんい)は、伸縮性に富んだメッシュ状の細い束になって乳腺の周り
を取り囲み、乳房を上下から吊るすような形で支えています。これを「クーパー靭帯」と言います。
 
  ■線維芽(せんいが)細胞
 結合組織を構成する細胞の1つ。コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸といった真皮の成分を作り出す。
 
  ■膠原(こうげん)線維
 線維芽細胞が生み出すコラーゲン。
 
※クーパー靭帯が、乳房を形作る。
靭帯といっても、腕や脚の靭帯のように骨と骨をつなぐ、固くしっかりした一本の束になった組織ではなく、これらの細胞や、
小さな線維の束がメッシュ状に絡まりあって枝分かれし、脂肪細胞の中にも入り込みながら乳腺を支え、乳房を形作っている。