95%の女性が、適正なスポーツブラを着用せず、危険な状況にある。

  適正なスポーツブラを着けずにジョギング等をすると、クーパー靱帯を痛め、それが原因で乳房が下垂してしまう
  可能性があると、英国 ポーツマス大学 スポーツ科学者 Joanna Scurr博士 の研究チームが発表しました。

  1. 乳房は、上方向に振り上げられ、元の位置へ叩きつけられる。

    ランニング時の乳房は、静止している位置より下方向には動きません。「上方向に振り上げられ、元の位置へ叩きつけられる」
    という動きを繰り返し、乳房の形を保つ「クーパー靭帯」を損傷し、乳房の下垂を誘引します。

  2. 平均 9cmも、乳房が上下運動する。

    女性が1マイル(約1.6km)走ると、乳房は約13、500回も上下に弾み、平均で9cmも上下する。
    乳房は平均で200g〜300gの重さがあり、この上下運動がクーパー靱帯にダメージを与えてしまう。

  3. スポーツブラの着用で、78%ものショックを吸収。

    ノーブラに比べ、普通のブラをつけると、胸の弾みが38%減少し、スポブラを着けると78%ものショックを吸収する。
    この様なショックを吸収する為に、適正な機能が有る、スポーツブラが必要です。